作業療法士のセミナーへの取り組み方

作業療法士が学んだ知識は、そのまま患者や利用者に還元されることとなりますので、日々の勉強は非常に重要です。

そんな勉強方法には、院内での研修や日々の臨床、関連書籍や動画での自主勉強など様々ありますが、その一つにセミナーがあります。
作業療法士のセミナーは、医療機関が休日になる週末や仕事終わりの平日の夜など各都道府県で開催されない日はないほど多く開かれています。


そのため、向上心の高い作業療法士であれば、必ず一度は参加したことがあるはずです。

ただし、セミナーに参加すれば、それで作業療法士にとって必要な知識が身についたのかというと、そういうわけではありません。

作業療法士の勉強会関する情報選びにぴったりの情報を提供いたします。

たとえ、どれだけいい内容であっても、ただ話を聞いたり、資料を見ているだけでは記憶に残すことは難しく、臨床の現場で活かすことはできないのです。

これはどのような勉強でもそうだといえます。

OKWave情報選びはインターネットで行う時代です。

ですので、学んだことをずっと記憶に留めておくためには、どのように取り組むのかという意識が大切になります。



また成人の学習では新たに気づいたことや体験したことの方が記憶に残りやすいとされているため、ディスカッションが中心であったり、実践的な内容のセミナーの方が学びの場としては向いています。もちろん、それもその場だけで終わってしまえば意味がありませんので、セミナーが終わった後、いかにその日に学んだことを復習して、さらにどのように活かせるのか、活かしていくのかを考えていくことが大切なのです。

top