作業療法士のセミナーとは

作業療法士は理学療法士などと並んで身体に障害を持つ患者に対してリハビリテーションを実施する国家資格です。

また身体の障害だけでなく、うつ病など精神的な障害についても治療の対象となります。


最終的には身体や精神に障害を持つ患者が社会復帰することを目的としてリハビリテーションは行われます。
理学療法士は運動療法や物理療法などにより身体の基礎的な能力の回復を図るのが仕事です。



一方作業療法士は身体の基礎的能力を回復した患者に対してレクリエーションや生活訓練を施し、実際の社会復帰に必要な能力を回復させます。

レクリエーションでは折り紙や編み物などの手作業や絵画などの芸術、さらに体操やダンスなどスポーツが行われます。



また生活訓練では食事や料理、掃除など生活に必要な行為を通して日常生活を円滑に送ることができるようにします。適切な治療を施すためには患者とのコミュニケーションだけでなく、理学療法士などとの連携が必要です。作業療法士の治療技術を向上させるために各種のセミナーが開催されています。医療関係の技術は毎年更新され続けており、セミナーに参加することで最新の治療技術を習得することが可能です。


的確な治療を行うためには、臨床を重ねて患者とのコミュニケーションや他のスタッフとの連携が上手くできるようになることが重要になります。
またセミナーに参加して治療技術を向上させることで、コミュニケーション能力との相乗効果を期待することができます。

コミュニケーション能力を養うだけでなく各種セミナーへ参加し治療技術を向上させることで、正確な問題把握と的確な治療が可能となるのです。



top